M3 Pro/M3 Maxチップは3nmプロセス採用 − 両チップを搭載する次期「MacBook Pro」は来年上半期に量産開始か

昨晩、AppleがM2チップを搭載した新型「MacBook Pro 14/16インチ」と新型「Mac mini」を発表しましたが、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、早くも次期「MacBook Pro 14/16インチ」に関する情報を報告しています。

同氏によると、次期「MacBook Pro 14/16インチ」に搭載されるM3 ProおよびM3 Maxチップは3nmプロセスを採用して製造され、2024年上半期に量産が開始されると予想しています。

なお、昨晩に発表されたM2 ProおよびM2 Maxチップは、第2世代の5nmプロセスを採用して製造されています。

Apple公式サイト
Mac mini
MacBook Pro 16インチ
MacBook Pro 14インチ

1 COMMENT

匿名

プロセスルールのみが売りだと進化の幅が少ない。
内製化は利益率確保にはなるが、専業メーカー製ほどの革新は失われる。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です