Apple、早ければ2024年末までに有機ELディスプレイを採用した「MacBook」を投入か

Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、Appleは早ければ2024年末までに有機ELディスプレイを搭載した「MacBook」を投入する計画のようだと報告しています。

同氏によると、Samsung DisplayはノートPC向け有機ELパネルの出荷数を前年比70%増を目標に引き上げる計画で、この要因として、Appleが早ければ2024年末までに有機EL搭載「MacBook」を出荷する計画を立てたことを挙げています。

有機ELの採用により、ミニLEDと比較して、より薄型軽量化することが可能な他、折りたたみなど、多用なフォームファクターのデザインオプションを提供出来るようになるとのこと。

なお、Appleの採用により、有機ELを搭載したノートPCの出荷台数の伸びは今後急増すると予想されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です