AppleのAR/VRヘッドセットはH2チップ搭載「AirPods」が必須に??

AppleはAR/VRヘッドセットを開発中と噂されていますが、The Informationが、そのAppleのAR/VRヘッドセットに関する新たなレポートを公開しました。

最新の「AirPods Pro」に搭載されている「H2」チップは密かに低遅延伝送モードをサポートしており、AppleのAR/VRヘッドセットにも搭載される「H2」チップと連携して動作するように設計されているそうです。

ヘッドセットのヘッドバンドには装着者用のスピーカーが内蔵されるものの、その音声は近くにいる人にも聞こえてしまう為、プライバシーを守りながら他の人と通信する場合は「H2」チップを搭載した「AirPods」が必要になる可能性があるとのこと。また、他のワイヤレスイヤホンを使用する場合、映像と音声にラグが発生する為、「H2」チップを搭載した「AirPods」が必須となる可能性があるようで、ヘッドセットの発売までに「H2」チップを搭載した新たな「AirPods」が発売されるものと予想されています。

ヘッドセットの技術仕様面に関しては、両目用の4KマイクロLEDディスプレイやユーザーの表情を映し出す為の外側のディスプレイ、12個ものカメラやその他センサー、M2チップなどが搭載されるとのこと。

また、Apple Watchのデジタルクラウンに似たダイヤルが搭載され、このダイヤルを操作することでディスプレイを通して外の世界を表示するパススルー・ビデオモードに切り替えることが出来るようになるようですが、ほとんどの操作はハンドジェスチャーと音声認識で行うことができるようになると予想されています。

なお、ヘッドセットの本体は、アルミやガラス、カーボンファイバーで構成され、価格は3,000ドル前後(約40万円)で、発売時期に関する情報はないものの、これまでの情報では今年発表され、今年下半期に発売されると噂されています。

[via 9To5Mac

AppleのMRヘッドセットの発売時期は2023年下期に延期か
Apple、AR/VRヘッドセット向けOSの名称を「xrOS」に変更か − 早ければ来年発表

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です