Apple、App Storeの価格設定の大規模な見直しを発表 − 700種類の価格帯を新たに追加

本日、Appleが、App Storeの価格設定に関する過去最大規模の改定を発表しました。

まず、これまで開発者は87種類の価格設定から希望する価格に近いものを選んで設定する形でしたが、今後はその価格設定に新たに700種類の価格帯を用意され、その内訳はこれまで通り開発者が自由に設定できる600種類に加え、リクエストがあった場合のみAppleが許可をして使用可能になる高額価格帯の100種類となっています。

これにより、App Storeで使える価格帯は米ドルの場合は0.29ドルから1万ドル、日本円の場合は50円から160万円まで細かく設定可能となり、この新しい価格設定はサブスクリプションの自動更新を使用しているアプリでは12月7日から、アプリの販売やアプリ内課金では2023年の春からの提供となります。

さらに、サブスクリプションアプリを提供する開発者が、為替や税金が変動しても、自国のストアでの商品価格を一定に保つことができるようになる価格設定の自動調整機能も本日より提供が開始され、同機能を利用することで、自国のストアでは一定価格で販売し、他の国向けには為替や税率の変動に応じて自動で価格をアップデートすることが可能となります。

なお、同機能は2023年春には全てのアプリに拡大予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です