「iPhone 15 Pro」シリーズの本体側面のボタンが感圧式になることをAppleのサプライヤーも示唆

先月、来年発売予定の「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」では、音量調節ボタンと電源ボタンは物理/機械式ボタンではなく、「iPhone 7」や「iPhone 8」などのホームボタンのようなソリッドステートボタン(感圧式)を採用するかもしれないとの報道がありましたが、MacRumorsによると、その事を示す新たな情報が出て来ました。

それはAppleのサプライヤーであるCirrus LogicのCEOが株主への手紙の中で明らかにしたもので、「来年にスマートフォン向けの新しいHPMS関連部品を市場に投入予定」で、その投入時期は来年後半と見込んでいるとのこと。

このHPMSは”High-Performance Mixed-Signal”チップの略で、「iPhone」に搭載されているTaptic Engine用ドライバなどが含まれており、「iPhone 15 Pro」シリーズの感圧式ボタン用のTaptic Engineの一部になる可能性が高いと予想されています。

なお、先月の情報では、感圧式ボタンの採用により、本体内部の左右にはTaptic Enginesが新たに搭載され、Taptic Enginesの数は現行の1つから3つに増加すると言われています。

「iPhone 15 Pro」シリーズは本体側面のボタンが感圧式に??

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。