「iPhone 15 Pro」シリーズは本体側面のボタンが感圧式に??

Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、サプライチェーンを調査した結果、「iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」の音量調節ボタンと電源ボタンは物理/機械式ボタンではなく、「iPhone 7」や「iPhone 8」などのホームボタンのようなソリッドステートボタンを採用するかもしれないと報告しています。

また、本体内部の左右にTaptic Enginesが搭載され、物理ボタンを押した時のような触覚フィードバックが実装される見込み。

このデザインの変更により、Taptic Enginesの数は現行の1つから3つに増加し、その結果、Taptic Enginesの既存サプライヤーであるLuxshare ICTとAAC Technologiesが大きな利益を得ることになると述べています。

そして、このボタンレスデザインとUSB-Cへの切り替えが「iPhone 15 Pro」シリーズの大きなアップデートの2つになるとのこと。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。