「iPhone SE 4」のディスプレイはまだ未確定 − 5.7〜6.1インチの有機ELまたは液晶ディスプレイを検討中との情報

次期「iPhone SE」こと「iPhone SE 4」は「iPhone XR」ベースになると噂されていますが、MacRumorsによると、ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のアナリストであるRoss Young氏が、Appleは2024年に発売する「iPhone SE 4」のディスプレイサイズをまだ確定していないようだと報告していることが分かりました。

これは同氏がTwitterのスーパーフォロワーに対して明らかにしたもので、Appleは2つのサプライヤーの6.1インチの有機ELディスプレイに加え、さらに2つのサプライヤーの5.7〜6.1インチの液晶ディスプレイを検討しており、Appleがどのサイズのディスプレイを採用するかや、有機ELディスプレイと液晶ディスプレイのどちらを選択するのかはまだ不明とのこと。

なお、これまでの噂では、「iPhone SE 4」は6.1インチの「iPhone XR」似のデザインを採用し、ホームボタンが廃止され、2024年に発売されると言われています。

次期「iPhone SE」こと「iPhone SE (第4世代)」のレンダリング画像が公開される − 「iPhone XR」にそっくり

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。