次期「iPhone SE」こと「iPhone SE (第4世代)」のレンダリング画像が公開される − 「iPhone XR」にそっくり

Appleの次期「iPhone SE」は「iPhone XR」のようなデザインを採用すると噂されていますが、著名リーカーのJon Prosser氏が自身のサイトであるFront Page TechYouTubeにおいて、次期「iPhone SE」こと「iPhone SE (第4世代)」のレンダリング画像を公開しています。

このレンダリング画像の元の情報には「iPhone SE (第4世代)」のスペックに関する情報は含まれておらず、あくまでデザインのみの情報となっています。

「iPhone SE (第4世代)」は6.1インチのノッチ付きディスプレイを採用し、ミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)REDの3つのカラーラインナップが用意される模様。

また、デザインは噂されている通り、「iPhone XR」にそっくりとなっています。

なお、これまでの情報では、「iPhone SE (第4世代)」の発売時期は2024年と噂されています。

次期「iPhone SE」はノッチ有りの6.1インチ液晶ディスプレイを搭載か

3 COMMENTS

匿名

指紋センサー搭載のスリープボタンは結構面積いるから薄いiPhoneだと厳しそう
faceIDのみになるのかな

返信する
匿名

iPadで実現しているので面積は全く問題ないのでは?
従来に比べて見た目がスマートでないという問題はあるけど、背に腹は変えられない

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。