Google、「iOS 16」のロック画面のウィジェット機能に対応完了 − 「Google マップ」アプリでも利用可能に

本日、Googleが「Google マップ」のiOS向け公式アプリをアップデートし、「iOS 16」のロック画面のウィジェット機能に対応しました。

「Google マップ」では、「よく利用するルート」と「検索」の2つのウィジェットが利用可能で、「よく利用するルート」ではよく利用するルートの情報を検索したり、予定到着時刻を確認したりすることができ、「検索」では周囲のレストランやガソリンスタンドなどを検索可能です。

これにより、Googleが以前に発表していた全てのiOS向け公式アプリで「iOS 16」のロック画面のウィジェット機能に対応したことになります。

「Google マップ」の他にウィジェットが利用可能なのは、「Gmail」「Google」「Google ニュース」「Chrome」「Google ドライブ」の各アプリとなります。

Google マップ -  乗換案内 & グルメ

Google マップ – 乗換案内 & グルメ

Google LLC無料

Google ニュース

Google ニュース

Google LLC無料

Google アプリ

Google アプリ

Google LLC無料

Google Chrome - ウェブブラウザ

Google Chrome – ウェブブラウザ

Google LLC無料

Gmail - Google のメール

Gmail – Google のメール

Google LLC無料

Google ドライブ - 安全なオンライン ストレージ

Google ドライブ – 安全なオンライン ストレージ

Google LLC無料

[via 9To5Google

Google、iOS向けの各アプリで「iOS 16」のロック画面ウィジェットに対応することを発表

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。