Google、iOS向けの各アプリで「iOS 16」のロック画面ウィジェットに対応することを発表

今晩に正式リリースされる「iOS 16」ではロック画面にウィジェットを表示出来るようになりますが、Googleが同社のiOS向けアプリでも今後数週間のうちにロック画面のウィジェット機能をサポートすることを発表しました。

ロック画面のウィジェット機能に対応予定のアプリは、「Google アプリ」「Chrome」「Google ドライブ」「Googleマップ」「Gmail」「Google ニュース」といったアプリで、「Google アプリ」はロック画面からGoogle検索に素早くアクセスすることが出来るようになる他、Google レンズの各種検索へのショートカットウィジェットなどが用意されます。

(Google アプリのウィジェット)

「Chrome」は、Chromeでの検索や音声検索、恐竜ゲームにアクセス出来るショートカットウィジェットが用意され、「Google ドライブ」は、ファイルに素早くアクセスしたり、お気に入りのフォルダやファイルにワンタップでアクセスすることが出来るウィジェットが、「Googleマップ」では、自宅や職場などの場所までのリアルタイムの交通情報および推定所要時間を確認出来るウィジェットや周辺を検索するためのウィジェットなどが用意されます。

(Chromeのウィジェット)

(Google マップのウィジェット)

「Gmail」では、受信トレイの新着メッセージ数などを確認できるようになり、「Google ニュース」はリアルタイムのヘッドラインを確認でき、タップするとアプリで詳細を閲覧可能になります。

(Gmailのウィジェット)

<iPhone 14 シリーズの予約はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。