Apple、「MacBook」シリーズを将来的にはタイでも生産か

Appleは中国への依存度を下げる目的でインドやベトナムでの製品の生産を増やしていますが、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、Appleの今後の生産計画に関する最新の調査報告をツイートしています。

まず、Appleは現在はインドでFoxconnと協力して一部の「iPhone」を生産していますが、将来的にインドのタタグループがPegatronまたはWistronと協力して「iPhone」の組立事業を展開する可能性があり、この動きは「iPhone」の中国以外での生産割合の増加を加速させることが出来るとみられています。

また、現在、全てのモデルが中国で生産されている「MacBook」シリーズについては、将来的にはタイで生産が行われる可能性があるとのこと。

これらの動きにより、中期的(3〜5年以内)には、少なくとも世界出荷台数の25〜30%を占める米国市場については、政治的リスク(米中関税など)の影響を軽減するために、中国以外にある生産拠点から供給出来るようになるとみられており、長期的には非中国市場については中国以外の生産拠点から供給し、中国市場には中国国内の生産拠点から供給するようになると予想されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。