Apple、「MagSafe充電器」向けに最新のファームウェアアップデートをリリース

MacRumorsによると、Appleが「MagSafe充電器」向けに新しいファームウェアがリリースされていることが分かりました。

このアップデートにより、「MagSafe充電器」のファームウェアのバージョンは「10M229」から「10M1821」になるとのことで、アップデート内容は不明ですが、最新の「iPhone 14」などへの対応とみられています。

「MagSafe充電器」のファームウェアは「設定>一般>情報>Apple MagSafe 充電器」にて確認可能で、そこではこれまではバージョン「247.0.0.0」だったものの、アップデート後は「255.0.0.0」になるそうです。

なお、「MagSafe充電器」のファームウェアアップデートの明確な方法は明らかにされていないものの、「iPhone」に接続している必要があります。

1 COMMENT

匿名

iPhoneに接続して一晩置いてもupdateされなかったので、Macworldの記事にMacに接続すれば5分で完了するとあったので、やってみたらホントに5分でできた。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。