「iPhone 14 Pro」はQualcommの5Gモデム「Snapdragon X65」を搭載 − A16 BionicチップはLPDDR5 RAMを採用

MacRumorsによると、中国のWekiHomeが、「iPhone 14」や「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」の分解動画を公開しており、「iPhone 14 Pro」シリーズはモデムチップにQualcommの5G対応モデムチップ「Snapdragon X65」を採用していることが分かりました。

「iPhone 13」シリーズは、Qualcommの「Snapdragon X60」を搭載していましたが、「Snapdragon X65」は5Gの高度化技術仕様である3GPP Release 16をサポートし、下り最大10Gbpsの5G通信に対応している他、消費電力の改善も行われたモデムチップとなっています。

また、A16 Bionicチップに搭載されているRAMはSamsung製のLPDD5R RAMが採用されていることも確認されたました。

さらに、「iPhone 14 Pro」ではLEDフラッシュも改良されており、LEDの数が「iPhone 13 Pro」の2つから9つに変更されており、輝度と均一性の向上が期待されるそうです。

下記がその分解動画で、中国語ではあるものの、字幕(自動翻訳)を利用することで中国語が分からなくてもある程度の意味は分かるので、是非ご覧下さい。

<iPhone 14 シリーズの予約はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。