「iPhone 14 Pro」ではパンチホールの2つ穴の間にプライバシーインジケーターを表示か − カメラアプリのUIも刷新との情報

1つ前の記事で、「iPhone 14 Pro」シリーズのパンチホールディスプレイは画面点灯時は2つの穴が1つの穴に見えるようになるかもしれないとお伝えしましたが、9To5Macが、関係者の話として、「iPhone 14 Pro」シリーズのパンチホールに関する更なる詳細を報じています。

「iPhone 14 Pro」シリーズのパンチホールは丸型とピル型の2つの穴があるものの、画面点灯時はソフトウェアにより2つの穴が1つの穴に見えるように表示され、さらに2つの穴の間のスペースはマイクとカメラのプライバシーインジケーターを表示する為に使用されるようです。

上記の画像がそのイメージ画で、プライバシーインジケーターはこれまでのモデルではステータスバーに表示されましたが、「iPhone 14 Pro」シリーズではデッドスペースとなる2つ穴の間に表示されるようになるとのこと。

さらに、このプライバシーインジケーターをタップすると、どのアプリがマイクとカメラを使用しているかなどのリストを閲覧出来るようにすることも計画されている模様。

また、AppleはカメラアプリのUIも刷新することを計画しており、上記画像のように各種コントロールが画面上部に移動されるとの情報もあるそうです。

「iPhone 14 Pro」のパンチホールディスプレイの穴、画面点灯時は1つの大きなピル型に??

2 COMMENTS

匿名

センサの関係上仕方ないのだろうけど
もう少しAndroidのみたく小さくして欲しかったなあ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。