「iPhone 14 Pro」のパンチホールディスプレイの穴、画面点灯時は1つの大きなピル型に??

Appleが9月8日に発表する「iPhone 14」シリーズのうち「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」は2つ穴のパンチホールディスプレイが採用すると言われていますが、MacRumorsによると、この2つの穴はディスプレイ点灯時は1つの大きな楕円になるとの噂があることが分かりました。

「iPhone 14 Pro」シリーズは、ノッチが廃止される代わりに、丸型とピル型の2つの穴があるパンチホールディスプレイが採用されると言われています。今回明らかになった噂によると、ディスプレイを点灯すると2つの穴が1つの大きな楕円状の穴に見えるようになるとのこと。(上記画像参照)

Bloombergの著名記者であるMark Gurman氏は、「これは本当だ」とこの情報に同意しており、1つの横長のピル状の穴があるように見えると述べています。

あくまで噂に過ぎず、実際のところどちらなのかは発表を待つしかなさそうですが、確かに1つ穴に見える方が見た目はスッキリするのかもしれません。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。