次期「iPhone SE」は「iPhone XR」ベースのデザインを採用か − 著名リーカーが報告 

9To5Macによると、著名リーカーのJon Prosser氏が、Appleの次期「iPhone SE」こと「iPhone SE (第4世代)」に関する最新情報を報告していたことが分かりました。

同氏はAndru Edwards & Jon Rettinger氏とのPodcast「Geared Up」において、「iPhone SE (第4世代)」は「iPhone XR」と同じフォームファクターを採用すると報告しています。

現行の「iPhone SE (第3世代)」は「iPhone 8」ベースのデザインを採用し、4.7インチのディスプレイやTouch ID内蔵のホームボタンを搭載していますが、本当に「iPhone XR」と同じフォームファクターを採用するとなると、6.1インチのフルディスプレイが搭載され、ホームボタンが廃止されることになります。

ただ、現時点では「iPhone SE (第4世代)」に関するそれ以上の詳細は不明で、発売時期も不明ですが、第2世代モデルから第3世代モデルまでのモデルチェンジには2年かかっており、今回も同じ間隔だと仮定すると2024年春まで登場しないことになります。

4 COMMENTS

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。