Apple、「Boot Camp」の最新アップデートでWiFiとBluetoothを改善

MacRumorsによると、Appleが「Boot Camp」の最新アップデート(ver 6.1.16)をリリースしたことが分かりました。

「Boot Camp」は、Intel製チップを搭載したMacにWindowsをインストールする為のユーティリティで、最新版のバージョン6.1.16ではWiFi WPA3のサポートが追加される他、スリープや休止状態から復帰する際に時折発生するBluetoothドライバの問題が修正されます。

なお、Boot Campを利用しているユーザーは、Windowsの「Apple Software Update」アプリから新しいBoot Campドライバをインストールすることが可能です。

Boot Camp アシスタントで Mac に Windows 10 をインストールする – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。