Apple、今後の「iPhone」ではProモデルにのみ最新チップを採用か

Appleは今年発売する「iPhone 14」シリーズでは、無印モデルとProモデルで搭載するチップを分けると言われていますが、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、改めてその情報を報告しています。

「iPhone 14」シリーズでは、無印モデルとして「iPhone 14」と「iPhone 14 Max」が、Proモデルとして「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」が用意されると言われており、そのうちの「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」には最新のA16チップが搭載されるものの、「iPhone 14」と「iPhone 14 Max」には引き続きA15チップが採用されると噂されています。

Ming-Chi Kuo氏は、本日公開したレポートの中で、今後、最新のチップはProモデル専用になると報告しており、今年だけでなく、来年発売の「iPhone 15」シリーズ以降も同様の措置が取られることを示唆しています。

なお、「iPhone 14」と「iPhone 14 Max」に搭載されるA15チップは、「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」に搭載されているRAMが6GBのものが搭載されると言われており、これまでの情報をまとめると各モデルに搭載されるチップとRAMの詳細は下記の表の通り。

 チップRAM
iPhone 14A156GB
(LPDDR4)
iPhone 14 MaxA156GB
(LPDDR4)
iPhone 14 ProA166GB
(LPDDR5)
iPhone 14 Pro MaxA166GB
(LPDDR5)
「iPhone 14」シリーズ、”Pro”モデルのみA16チップ採用は下位モデルと差別化やコスト面が理由か?? 「iPhone 14」シリーズ、”Pro”モデルのみA16チップを搭載か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。