Apple、「Safari 16」のテストを「macOS Monterey/Big Sur」の一部テスターにも要請

次期macOSの「macOS Ventura」ではSafariもメジャーアップデートされ、共有タブグループや共有スタートページ、強力なパスワード編集機能、CSSの改善などの新機能が導入された「Safari 16」が搭載されますが、9To5Macによると、Appleは「macOS Monterey」と「macOS Big Sur」の一部のテスターに対しても「Safari 16」のベータテストを依頼していることが分かりました。

ベータテストはAppleが招待した一部のテスターで実施されており、対象のテスターには招待メールを送付しているそうです。

テスターは届いたメールに記載のリンクからAppleSeedのウェブサイトを経由でダウンロードおよびインストールが可能なようです。

なお、「Safari 16」の一部の新機能を試す方法としては、最新の「Safari Technology Preview」を利用するといった方法もありますが、こちらは対応OSが「macOS Ventura」と「macOS Monterey」のみとなっており、「macOS Big Sur」は対象外です。

1 COMMENT

名無しい

一部だけじゃないみたい、普通にソフトウエアアップデートに来てた
ベータ版の登録はしてるけど

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。