Appleが開発中と噂の15インチの新型「MacBook」、M2/M2 Proチップを搭載して2023年第2四半期以降に発売か

(画像はMacBook Air)

Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、Appleが開発中と噂されている15インチの新型「MacBook」に関する最新情報を報告しています。

同氏の情報では、15インチの新型「MacBook」は2023年上半期半ば(2023年3〜4月)に量産が開始され、発売時期は2023年第2四半期(同4〜6月)以降になる可能性があるとのこと。

また、M2チップ搭載モデル(35W電源アダプタ同梱)と、M2 Proチップ搭載モデル(67W電源アダプタ同梱)が用意される可能性があるそうです。

先日にBloombergが報じた情報では、この15インチの新型「MacBook」は「MacBook Air 15インチ」とされていましたが、Ming-Chi Kuo氏は”Air”なのか”Pro”なのかは言及していません。

さらに、同時に報じられていた12インチの新型「MacBook」については、同氏は同モデルに関する情報はまだ何も聞いていないようです。

「MacBook Air 15インチ」のディスプレイサイズは15.2インチに − 13インチモデルの情報を的中させた著名アナリストが改めて報告 Apple、15インチの「MacBook Air」や12インチの新型「MacBook」を開発中か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。