「iOS 16」のロック画面のカスタマイズ機能、「iPadOS 16 beta 1」でも実行可能な方法が見つかる − Apple側のミスか

「iOS 16」で導入されるロック画面のカスタマイズ機能はiPhoneのみで利用可能な機能となっていますが、9To5Macによると、「iPadOS 16 beta 1」でもロック画面のカスタマイズ機能を動かすことが可能であることが分かりました。

ロック画面のカスタマイズ機能は、iOSのロック画面とホーム画面を管理する「Springboard」に実装されているのではなく、新たに「PosterBoard」というアプリが用意されて実行されており、通常であれば「PosterBoard」アプリは非表示となっており、特定のオプションを通じてのみアクセス可能なはずですが、「iOS 16 beta 1」および「iPadOS 16 beta 1」では「ショートカット」アプリから同アプリにアクセス可能であることが分かりました。

Apple側が「ショートカット」アプリから同アプリを隠すことを忘れていたものとみられており、「ショートカット」アプリで”Appを開く”から「PosterBoard」を設定して実行することで「iPadOS 16 beta 1」でもロック画面のカスタマイズが可能になります。

ただ、あくまで現時点ではiPhone向けの機能となっていることからiPadで出来るのは時刻のフォントとカラーの変更のみで、ウィジェットは正常に動作しないことが確認されています。

なお、次の「iPadOS 16 beta 2」では「PosterBoard」アプリが完全に隠されることが予想され、試してみたい方は今のうちにどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。