Apple、やはり「iPad Pro 14.1インチ」を開発中か − 著名アナリストも開発中であることを確認したと報告

昨日、AppleがM2チップを搭載した14.1インチの新型iPadを開発しているとの噂をお伝えしましたが、ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のアナリストであるRoss Young氏が、Appleが14.1インチの「iPad Pro」を開発していることをサプライチェーンの情報筋より確認したと報告しています。

この情報は元々はリーカーのMajin Bu氏が報告したもので、Ross Young氏が今回明らかにした情報によると、「iPad Pro 14.1インチ」のディスプレイはミニLEDとProMotionを搭載する予定とのこと。

また、登場時期に関しては不明とのことですが、2023年初頭の可能性が高いかもしれないと予想しています。

Apple、M2チップを搭載した14.1インチの新型iPadを開発中か

1 COMMENT

匿名

M1 iPadでウィンドウ表示できるようになるとなると、さらなる大画面化があっても不思議ではない感じ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。