「iOS 16」の新機能のうち一部モデルでのみ利用可能な機能のまとめ

昨日に発表された「iOS 16」は「iPhone 8」や「iPhone X」もサポート対象となっていますが、両モデルでは利用出来ない新機能も多く、9To5Macが一部のモデルで利用出来ない「iOS 16」の新機能をまとめていたので紹介します。

iPhone XR/XS以降で利用可能な機能

下記の機能はA12 Bionicチップを搭載したiPhone(iPhone XR/XS以降)でのみ利用可能な機能となっています。

・ビデオでのテキスト認識表示
・テキスト認識表示のクイックアクション
・テキスト認識表示の日本語対応
・絵文字の音声入力
・音声入力とキーボードを一緒に使える機能
・iPhoneのカメラで「ヘルスケア」アプリに薬を追加したりする機能(※米国のみ)
・背景からの対象物の抜き出し
・より多くのアプリでの画像検索
・ビジュアルルックアップ(画像を調べる)の認識内容の拡張(鳥・昆虫・彫像)
・ビジュアルルックアップ(画像を調べる)の画像切り抜き

iPhone 11以降でのみ利用可能な機能

iPhone 11以降でのみ利用可能な機能は下記の通り。

・ライブキャプション機能

iPhone 13以降でのみ利用可能な機能

iPhone 13以降でのみ利用可能な機能は下記の通り。

・ランドスケープモードでFace IDを利用したロック解除(未確定)
・「カメラ」アプリのポートレートモードとシネマティックモードの改良

なお、ランドスケープモードでFace IDを利用したロック解除機能については、現在リリースされている「iOS 16 beta 1」ではiPhone 12シリーズでは利用出来ない為、iPhone 13シリーズのみで利用可能ではないかと予想されています。

iOS 16 – Apple

2 COMMENTS

Rk90

・ランドスケープモードでFace IDを利用したロック解除(未確定)
とありますが、12でも使用できましたよ!

返信する
taisy0

情報有難う御座います!
私の環境(iPhone 12 Pro)では再起動したり、色々試しても全然動作しないので、もう少し様子見かもしれません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。