「iOS 16」のコードにはディスプレイの常時点灯機能に関する記述が複数含まれていることが明らかに

本日、Appleが「iOS 16」を発表し、開発者向けにベータ版の提供を開始しましたが、9To5Macによると、その「iOS 16」のコードにはディスプレイの常時点灯に関する記述が複数含まれていることが明らかになりました。

次期iPhoneこと「iPhone 14 Pro」ではロック画面の常時点灯機能が利用可能になるとされていますが、「iOS 16」にはiPhoneのディスプレイのバックライト管理に関する3つの新しいフレームワークが追加されており、これらのフレームワークには常時点灯機能に関する記述が含まれているようです。

今回発見されたフレームワークはロック画面を含むiOSの異なるコンポーネントで使用されており、iPhoneのロック画面やホーム画面を管理しているSpringboardの中にも常時点灯に関する記述が複数あるそうです。

Appleのエンジニアは「iPhone 13 Pro」でこの機能のテストを行っているとみられていますが、同機能が「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」に限定されると言われている理由はProMotionディスプレイの可変リフレッシュレート技術に起因しており、「iPhone 13 Pro」のディスプレイのリフレッシュレートは120Hzから10Hzまでで、常時点灯機能を利用するには1Hzのリフレッシュレートに対応する必要があり、「iPhone 14 Pro」では1Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイを搭載するのではないかと予想されています。

「iOS 16」と「iPhone 14 Pro」でロック画面の常時点灯機能が利用可能に??

2 COMMENTS

匿名

今回のロック画面変更で常時点灯をやりたいのだろうとは思ってた
どうせOFFにもできるんだからぜひ採用してほしいね

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。