Apple、次期macOSこと「macOS Ventura」を発表

本日、Appleが「WWDC22」の基調講演を開催し、次期macOSこと「macOS Ventura」を正式に発表しました。

「macOS Ventura」では、開いているアプリケーションとウインドウを自動的に整理して、ユーザーが作業に集中しながらも、一目ですべてのものを確認できるようになる「ステージマネージャ」が新たに搭載され、ユーザーが作業している現在のウインドウは中央に目立つように表示され、ほかの開いているウインドウは左側に表示されるので、タスクをすばやく簡単に切り替えられます。

また、iPhoneをウェブカメラとして使えるようになる「連係カメラ」機能やHandoffのFaceTime対応、主要な純正アプリのアップデート、新しいデザインを採用したSpotlight、最大6人の家族メンバーと一緒に別の写真ライブラリを作成して共有できる「iCloud共有写真ライブラリ」などが特徴となります。

なお、「macOS Ventura」は今秋に無料のソフトウェアアップデートとして提供予定で、開発者には本日よりベータ版が提供され、パブリックベータ版は来月中にリリース予定です。

プレスリリース

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。