Apple、M2チップ搭載でデザインを刷新した新型「MacBook Air」を発表

本日、Appleが「WWDC22」の基調講演を開催し、次世代Appleシリコン「M2」チップを搭載した新型「MacBook Air」を発表しました。

「M2」チップは第2世代5nmテクノロジーを採用して製造され、電力効率の高いパフォーマンスを追求しており、ユニファイドメモリ帯域幅は100GB/sになります。

CPUは4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載し、CPU性能は「M1」の約2倍で、GPUは最大10コアで、GPU性能は「M1」と比べて25%高速化されており、Neural Engineも「M1」と比べて40%以上向上しています。

新型「MacBook Air」は、デザインが刷新され、13.6インチのLiquid Retinaディスプレイを搭載し、厚さは11.3㎜で、シルバー、スペースグレイ、スターライト、ミッドナイトの4色展開。

FaceTimeカメラは1080pカメラを搭載し、ポートは2つのThunderboltポートに加え、充電用にMagSafeポートを搭載しています。

また、3マイクアレイと4スピーカーサウンドシステムを搭載し、空間オーディオにも対応しており、バッテリー駆動時間は動画再生時で最大18時間で、別売りの67W電源アダプタを利用した高速充電に対応し、2つのUSB-Cポートを搭載したデュアルUSB-Cポート搭載35Wコンパクト電源アダプタも提供されます。

なお、価格は164,800円からで、来月に発売されます。

プレスリリース

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。