AppleのAR/VRヘッドセットは「WWDC22」で発表か?! − 搭載OSと噂される「realityOS」の商標登録が明らかに

AppleはAR/VRヘッドセットを開発しており、そのデバイスには「realityOS」というOSが搭載されると噂されてきましたが、9To5Macによると、その「realityOS」の商標登録が米国で行われていたことが分かりました。

「realityOS」の商標はRealityo Systems LLCという無名の会社が米特許商標庁(USPTO)に登録したもので、周辺機器やソフトウェア、ウェアラブルコンピューターといったカテゴリを対象とし、2021年12月8日に出願されていたようです。

Appleはこういった未発表製品などに関する商標や特許を申請する際に、自社の製品であることを隠す為にペーパーカンパニーを使用することが多く、ペーパーカンパニーの中ではYosemite Research LLCという会社が有名で、同社名で「Monterey」や「Big Sur」や「Yosemite」といったmacOSの名称の商標登録を行っています。

今回のRealityo Systems LLCという会社がAppleのペーパーカンパニーであることを示す証拠は見つかっていないものの、同社はブラジルやウガンダやウルグアイなどの他の国でも「realityOS」の商標を申請していることが明らかになった他、USPTOへの国際出願の期限が「WWDC22」の基調講演から2日後となる2022年6月8日に設定されていることや、出願書類には使用証明が一切なく、「realityOS」が何らかの未発売製品に関連するものであることも明らかになっており、AppleのAR/VRヘッドセットの為ではないかと推測されています。

なお、「realityOS」の名称は過去にApp StoreのアップロードログやAppleのオープンソースコードからその記述が見つかっており、AppleのAR/VRヘッドセットに関しては先日に取締役会で披露されたとの情報があり、早ければ「WWDC22」で発表される可能性があります。

ちなみに、日本の特許庁のデータベースを検索した結果、日本ではまだ「realityOS」の商標登録は行われていないようです。

Apple、取締役会でAR/VRヘッドセットを披露か AppleのAR/VRヘッドセットは8〜9月に量産開始で、年内に発売される可能性が浮上 AppleのAR/VRヘッドセット向けOSの名称は『realityOS』か − ソースコードなどから記述が見つかる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。