ソニーの新型ヘッドホン「WH-1000XM5」、現行モデルの「WH-1000XM4」とのカラーやデザインの比較

昨日、ソニーの次期ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM5」の製品画像が流出しましたが、The Walkman Blogがその「WH-1000XM5」と現行モデルの「WH-1000XM4」の比較画像などを公開しています。

まず、カラーラインナップは、「WH-1000XM4」と同様にブラックとシルバーですが、下記画像の通り、少し異なる色目を採用しています。

次に、ヘッドバンドとイヤーカップのデザインですが、ヘッドバンドの厚みは均一になり、イヤーカップはよりシンメトリーな形状となります。また、ソニーのロゴが側面からヒンジ部分に移動し、「WH-1000XM4」には左側面にNFCのロゴがあるものの「WH-1000XM5」では廃止されていますが、NFCが非搭載になったという訳ではないと予想されています。

(左がWH-1000XM5、右がWH-1000XM4)

イヤークッションは、「WH-1000XM4」の方が若干厚みがあるように見え、「WH-1000XM5」のクッションには質感がなく、ツルツルしている為、新しい素材が採用されている可能性があります。

(左がWH-1000XM5、右がWH-1000XM4)

キャリングケースはかなり大きな変更が加えられており、「WH-1000XM4」は折りたたみ可能だったものの、「WH-1000XM5」は折りたたみ不可で、そのまますっぽりと収める方式で、ケーブル類はヘッドバンド下の部分に収納可能になるものとみられています。

(左がWH-1000XM5、右がWH-1000XM4)

ボタン類は、左側にNC/AMBボタン、電源/Bluetoothボタン、3.5㎜イヤホンジャックが搭載されており、右側にUSB-Cポートが搭載されています。

なお、発表時期については、FCC(米連邦通信委員会)に提出された書類の秘密保持期間が8月上旬までの為、それまでには発表されるものと予想され、価格は世界的な供給問題や材料費の高騰から「WH-1000XM4」よりも高くなると予想されています。

ソニーの新型ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM5」の製品画像が流出 ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM4」の後継モデル「WH-1000XM5」がFCCを通過か

2 COMMENTS

 

画像の注記が、すべて「左がWH-1000XM5、右がWH-1000XM5」となっていますが、正しくは「左がWH-1000XM5、右がWH-1000XM4」ではないでしょうか。

返信する
taisy0

ご指摘有難う御座います。
仰る通りです。気付かなかった為、助かりました。
訂正させて頂きました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。