ソニーの新型ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM5」の製品画像が流出

TechnikNewsが、ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM4」の後継モデルである「WH-1000XM5」の製品画像を公開しています。

「WH-1000XM5」は「WH-1000XM4」よりもスッキリとしたデザインで、カラーはブラックとシルバー(サンドストーンかも)の2色展開になる模様。

仕様に関する情報は少ないものの、バッテリー駆動時間はANCを使用している場合で最大40時間で、「WH-1000XM4」は同最大30時間の為、10時間延長されています。ただ、本体のフル充電にかかる時間は3.5時間で、「WH-1000XM4」の3時間より30分延びただけとなっています。

また、ノイズキャンセリング機能用に2つのチップと3つのマイクが搭載され、Bluetooth 5.2に対応しており、小売店の関係者によると、同製品の発表は近いそうです。

なお、TechnikNewsには他にも多数の画像が掲載されているので、是非ご覧下さい。

TechnikNews

ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM4」の後継モデル「WH-1000XM5」がFCCを通過か

3 COMMENTS

匿名

流出(意図せず外に出てしまった情報)と流出に見せかけたインフルエンサーによる情報の拡散(ステルスマーケティング)は見る側にとって境界が分からなくなってきてると感じる。

で、これ流出なん?
流出情報の拡散だとソニーの被害額結構大きそうだけど、本当に「流出」ってい表現で良いの?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。