Apple、「Studio Display」のアップデートが正常に出来ない問題を修正 − 「iOS 15.4」の署名停止が要因

昨日、「Studio Display」を使用する一部のユーザーから、最新のファームウェアにアップデートする際にエラーが表示され、正常にアップデート出来ない問題が報告されていることをお伝えしましたが、MacRumorsによると、Appleがこの問題を修正したことが分かりました。

「Studio Display」は「iOS」が搭載されているのですが、この問題は4月8日に「iOS 15.4」のSHSH(署名)の発行を終了したことが要因で、Appleが「Studio Display」向けの「iOS 15.4」を再署名したことからアップデートが再び可能になりました。

もし、問題に遭遇していたユーザーは改めてアップデートを試みることをオススメします。

[Thanks! 匿名さん]

「Studio Display」のファームウェアアップデートで不具合の発生が一部で報告される − 最悪の場合は修理に出す必要も Apple、「iOS 15.4」と「iPadOS 15.4」の「SHSH」の発行を終了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。