画面内蔵型Face IDの採用は2024年発売の「iPhone 16」からか − 2人の著名アナリストが同様の予想

現在の「iPhone」シリーズは画面上部のノッチにフロントカメラと顔認証機能「Face ID」のカメラやセンサーなどが搭載されていますが、Apple関連の情報では実績のある2人の著名アナリストがFace IDは2024年に発売される「iPhone 16」で画面内蔵型になると予想しています。

その予想をしているのは、ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のアナリストであるRoss Young氏と、Apple関連の情報ではお馴染みのTF International SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏の2人で、両氏とも2024年に発売される「iPhone 16」でFace IDは画面内蔵型になると予想しています。

また、Ming-Chi Kuo氏によると、画面内蔵型Face IDの実現が2024年になるのは、技術的な問題ではなく、マーケティングが理由と述べており、Appleがなぜ採用しないのかは明らかにされていませんが、実現しようと思えばすぐにでも可能な状況と考えられます。

2 COMMENTS

匿名

うーん。
おそらくもうAppleには次の革新となるアイディアが無いと思う。
今あるものほぼジョブズの遺産のようなものだし。
だから、薄めて広げる訳じゃないけど、
iPhoneの進化ポイントが既にないから、
そういうのを先延ばしにしているようにしか見えないな。

返信する
匿名

先延ばしって毎回言うけど、予想が当たらない場合の保険だよね、搭載されたら前倒しされたって言えばいいし。搭載することはないだろうけども。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。