「TweetDeck」が有料になる可能性が浮上 − Twitter Blueの一機能になることを示す情報が見つかる

カラム表示で複数のタイムラインなどを一元管理可能なTwitter公式クライアントとして人気の「TweetDeck」ですが、その「TweetDeck」が有料機能になる可能性が浮上しました。

これはTwitterがテスト中の新機能発見ではお馴染みのJane Manchun Wong氏が報告しているもので、「TweetDeck」が有料の月額制サブスクリプションサービス「Twitter Blue」の機能の1つになる可能性があることを示す兆候が見つかったとして、その事を示すスクリーンショットを公開しています。

そのスクリーンショットにはTwitter Blueの機能の1つとして「TweetDeck」が表示されていることが写っています。

また、同氏はTwitter公式アプリから「TweetDeck」がTwitter Blueの契約者限定の有料機能になるかもしれないことを示すコードを見つけたことも先日に報告しており、このコードはユーザーがTwitter Blueに登録しているかどうかで「TweetDeck」へのアクセスを制限し、登録していない場合はサインアップページにリダイレクトさせるものとなっているそうです。

「TweetDeck」の有料化は過去に検討されていることが報じられており、「TweetDeck」の刷新が計画されているとの報道もあった為、大規模な刷新に合わせ、一機能としてTwitter Blueに取り込むことを計画しているのかもしれません。

ただ、Twitter Blueは、現時点では米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでのみ提供されており、もし本当に「TweetDeck」がTwitter Blueに取り込まれるとしても、Twitter Blueの提供国拡大後になるものと予想されます。

Twitter、「TweetDeck」の大規模な刷新に取り組み中 − 今年後半に詳細を発表へ Twitter、広告への依存度緩和の為に「TweetDeck」の有料化など様々な有料オプションを検討か

1 COMMENT

匿名

統合されると日本展開がさらに遅れそうな気がする
ユーザー数は世界二位だけど利益にならないと思われてるのかな

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。