M2チップ搭載「MacBook Pro 13インチ」と「MacBook Air」は今年後半に登場へ − 「MacBook Pro 13インチ」は「MacBook」になる可能性も

(次期MacBook Airのコンセプト画像)

9To5Macが、情報筋の話として、M2チップを搭載した新型「MacBook Pro 13インチ」と新型「MacBook Air」が今年後半に発売されるようだと報じています。

新型「MacBook Air」のコードネームは「J413」と呼ばれており、M2チップはあくまでM1チップを置き換えるために投入されるとのことで、M1 ProやM1 Maxなどよりも性能が良いとは限らないそうです。

M2チップについては、昨日にも同サイトが報じていた通り、内部的には「Staten」というコードネームで呼ばれていて、現行のA15チップがベースとなっており、M1チップと同じく4つの高性能コアと4つの高効率コアから構成される8コアCPUを搭載するものの、GPUはより強力な10コアGPUを搭載すると言われています。

次に、新型「MacBook Pro 13インチ」のコードネームは「J493」と呼ばれており、現行モデルがベースで、現行のデザインがそのまま継続採用されるものとみられています。

また、Apple内部では、このモデルから”Pro”の名前を省き、「MacBook」だけにすることも検討されているようです。

なお、これら2モデルの正確な発売時期は不明なものの、両モデルともに開発が進んでおり、今年後半に発表される可能性が高いと予想されています。

Apple、M2チップとM2 Proチップを搭載した次期「Mac mini」を開発中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。