新型「iPad Air」かもしれないデバイスがApple TV+のドラマに映り込む?? − デュアルカメラを搭載

(問題のシーンのスクリーンショット)

Appleは日本時間の3月9日午前3時より発表イベントを開催し、新型iPhone SEや新型iPad Air、新型Macを発表するとみられていますが、その中の新型iPad AirかもしれないデバイスがApple TV+で配信されているドラマ内に登場したことが分かりました。

新型iPad Airかもしれないデバイスが登場したのはApple TV+で配信されているテレビドラマシリーズ「Servant(サーヴァント ターナー家の子守)」の2月25日に配信が開始されたシーズン3エピソード6の中で、12分頃からそのデバイスが登場します。

映っているのはデュアルカメラを搭載したタブレットで、背面にケースを装着していることから詳細は不明ですが、「iPad」シリーズで縦並びのデュアルカメラを搭載したモデルは存在しておらず、これが新型iPad Airではないかとの憶測を呼んでいます。

(問題のタブレットの拡大画像)

他社製品ではSamsungの「Galaxy Tab S6/S7 FE」が縦並びのデュアルカメラを搭載しており、「Galaxy Tab S6/S7 FE」である可能性もあるものの、「Servant」はAppleが製作し、Apple TV+オリジナル作品として配信していることからApple製品以外の登場は考えにくいのではないかとの声もあり、実際のところ真偽の程は不明となっています。

新型iPad Airの発表まで残り24時間ちょっとで、これまでの情報では新型iPad Airのデザインは現行モデルから変わらないと言われていますが、もしかしたら新型iPad Airにデュアルカメラが搭載されるのかもしれません。

[via Reddit, ITHome

1 COMMENT

T

確かにカメラの数で、ハイエンド/ミドルレンジ/ローエンド端末が判別できてわかりやすくはある。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。