Apple、3月8日のイベントで新型「Mac mini」と共に新しい外部ディスプレイを公開か

(次期Mac miniの予想画像)

Appleは現地時間3月8日に発表イベントを開催しますが、そのイベントでは新型「iPhone SE」と新型「iPad Air」に加え、新型「Mac mini」を発表し、新しい外部ディスプレイもプレビュー(チラ見せ)される可能性が浮上しました。

これはBloombergの著名記者であるMark Gurman氏がニュースレター「Power On」の最新版で明らかにしたもので、同氏はAppleは3月8日のイベントでM2もしくはM1 Proチップを搭載した新型「Mac mini」を発表すると考えているようです。

関係筋からの情報では、Appleはここ数週間、8コアCPU(4つの高性能コアと4つの高効率コア)と10コアGPUから構成される新しいチップを搭載した複数のMacをテストしており、過去に報じられたM2チップの仕様と同じ構成となっています。

また、Appleはこのチップをまもなく正式リリースされる「macOS 12.3」やその次のアップデートの「macOS 12.4」、さらに「WWDC 2022」で発表されるであろう「macOS 13」が動作するMacでテストしているそうで、新型「Mac mini」だけでなく、複数のMacが準備されていることが予想出来ます。

さらに、同イベントでは予てから噂されている新しい外部ディスプレイをプレビューする可能性があるとのことで、Appleは同ディスプレイの開発を数ヶ月前に完了させており、昨年の「MacBook Pro 14/16インチ」のすぐ後に発売される予定だったそうです。

[via 9To5Mac

Apple、新型ディスプレイ「Apple Studio Display」を開発中か − 7Kで「Pro Display XDR」よりも高解像度に Apple、「Pro Display XDR」の約半値の新型外付けディスプレイを開発中か

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。