Apple、「Apple Pay」対応銀行のリストから制裁対象のロシアの一部銀行を削除

先日、ウクライナ侵攻による西側諸国のロシアへの経済制裁により、同国内でApple PayやGoogle Payなどのデジタルウォレットが利用出来なくなっているようだとお伝えしましたが、Appleにより制裁対象となっているロシアの銀行で「Apple Pay」が利用出来なくなったことが確認されました。

Appleは現地時間2月28日付けで「Apple Pay に対応しているアフリカ・ヨーロッパ・中東の銀行」のサポートページを更新しており、制裁対象となっているNovikombank(ノビコムバンク)をApple Payの対応銀行のリストから削除しました。

制裁対象となっているロシアの銀行は下記の通りで、Novikombankは削除されたものの、VTBやSovcombankなどはまだ記載されたままとなっていますが、リストから削除されていないこれらの銀行が発行したカードでもApple PayやGoogle Payが利用出来なくなっています。

・VTB Group
・Sovcombank
・Novikombank
・Promsvyazbank
・Otkritie

[via iMore

Apple PayとGoogle Payがロシアで利用不可に − ロシアのウクライナ侵攻への経済制裁の影響

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。