Apple PayとGoogle Payがロシアで利用不可に − ロシアのウクライナ侵攻への経済制裁の影響

ロシアのウクライナ侵攻を受け、欧米や日本などの西側諸国はロシアに対し経済制裁を発動していますが、その結果、Apple PayやGoogle Payなどのデジタルウォレットがロシアで利用出来なくなっていることが分かりました。

ロシアの大手銀行5行が他国からの制裁により国際業務が制限されており、これらの銀行の顧客は海外でカードを使うことが出来なくなり、制裁を発動した国に登録されている企業へのオンライン決済も出来なくなるとのこと。

影響を受ける銀行は、VTB Group、Sovcombank、Novikombank、Promsvyazbank、Otkritieの5行で、これら5行が発行するカードはApple PayやGoogle Payで使用出来なくなっているそうです。

ロシアのユーザーはロシア国内では物理カードを使って非接触決済を行うことは可能ですが、Apple PayとGoogle Payは同国内では無期限に利用不可となります。

[via 9To5Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。