Apple、2022年に少なくとも7種類の新型Macを投入か − まずは3月、そして5〜6月にも発表へ

今年、Appleは多数の新型Macを発表・発売すると噂されていますが、Bloombergの著名記者であるMark Gurman氏が自身のニュースレター「Power On」の最新版を公開し、Appleが今年発売する新型Macに関する最新情報を公開しています。

同氏によると、Appleは2022年に少なくとも7つのApple シリコンを搭載した新型Macを発表すると予想しており、そのモデルが下記の通り。

・M1 Proチップを搭載した新型「Mac mini」
・M2チップを搭載した新型「MacBook Pro 13インチ」
・M2チップを搭載した新型「Mac mini」
・M2チップを搭載した新型「iMac 24インチ」
・M2チップを搭載し、デザインを刷新した新型「MacBook Air」
・M1 ProおよびM1 Maxチップを搭載した「iMac Pro」
・M1 Maxチップを2〜4つ搭載した小型の「Mac Pro」

これら新モデルのうち・M1 Proチップを搭載した新型「Mac mini」とM2チップを搭載した新型「MacBook Pro 13インチ」が3月の発表イベントで発表されると予想しています。

また、5〜6月にさらに何らかの新型Macが投入される準備が進められている模様。

最後に、M2 Pro/M2 MaxチップはM3チップとともに2023年に投入されると予想しています。

[via 9To5Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。