「iOS 15.4」ではApple Watch不要でマスク着用時でもFace IDが利用可能に

本日、開発者向けに「iOS 15.4」のベータ版がリリースされましたが、9To5Macによると、「iOS 15.4」ではApple Watchを装着していなくてもマスク着用時にFace IDを使ったロック解除が可能になることが分かりました。

「iOS 15.4 beta 1」では、Face IDの設定に「マスク着用時にFace IDを使用」のオプションが追加されており、このオプションを有効化することで、Face IDはユーザーの目の周りの特徴を認識して認証を行うようになり、マスク着用時でもFace IDが正確に機能するようになるとのことで、マスク着用時にFace IDを利用する場合はiPhoneを注視する必要があります。

また、もう1つの容姿用にマスク着用時のFace IDを設定することも可能となっています。

なお、同機能が利用できるのは「iPhone 13」シリーズと「iPhoen 12」シリーズのみとなります。

【追記】
その後、Apple Payやサードパーティ製アプリのログインなどでも利用可能なことが確認されています。
(下記エントリ参照)

「iOS 15.4」で利用可能になるマスク着用時のFace IDはApple Payやサードパーティ製アプリのログインでも利用可能 − 眼鏡着用時の顔の登録も可能に

1 COMMENT

匿名

まさか現行の13や12がアップデートで対応できるようになるとは思ってなかった…
Face IDの潜在能力すごい

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。