次期「MacBook Air」に搭載される「M2」チップは8コアCPU+9〜10コアGPUの仕様に??

Bloombergがの著名記者であるMark Gurman氏が、自身のニュースレター「Power On」の最新版を公開し、Appleは「M1」チップよりも僅かに高速化された新しい「M2」チップを搭載した新型「MacBook Air」を準備していると報告しています。

その新型「MacBook Air」はデザインが再設計され、「M2」チップは「M1」チップと同じ8コアのCPUに、9コアまたは10コアのGPUを搭載した設計になる模様。

なお、それ以上の詳細には触れられていないものの、マルチカラーが採用されると言われており、ポートはMagSafe 3ポートとThunderbolt/USB 4ポート×2とヘッドホンジャックが搭載され、キーボードやディスプレイ周りのベゼルは白を基調としたデザインになるとも言われています。

また、デザインは「MacBook Pro 14インチ/16インチ」と同じく角張ったデザインが採用されるとも噂されており、これら情報の詳細は下記のエントリをご覧下さい。

最新の情報を反映した次期「MacBook Air」の新たな予想レンダリング画像 − 著名リーカーが公開 次期「MacBook Air」は「MacBook Pro 14/16インチ」のような角張ったデザインに??

[via MacRumors

2 COMMENTS

匿名

性能はどうでもいいから、ディスプレイサイズとProMotionとminiLED辺りの情報が出てきてほしい

返信する
匿名

4nm製造は22年の後半になってるから
でても10月

ダイサイズが小さくなってウエハーから量取れるようになった分
ちょっと値段下げ 
宣伝文句は稼働時間アピール

Silicon普及用の蒔きマック

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。