「iPhone 14」シリーズの一部モデルはパンチホール型ディスプレイを採用か − 著名記者が報告

Bloombergの著名記者であるMark Gurman氏が、自身のニュースレター「Power On」の最新版を公開し、今年後半に発売されるであろう「iPhone 14」シリーズについて、少なくとも一部のモデルはパンチホール型ディスプレイを採用すると報告しています。

同氏はそれ以上の詳細は明らかにしていないものの、パンチホール型ディスプレイを採用したモデルはノッチが廃止され、Face IDシステムがディスプレイ内蔵型に移行される可能性があるとみられています。

これまでの情報では、パンチホール型ディスプレイは”Pro”モデルのみで採用され、Samsung DisplayとLG Displayが供給すると噂されています。

なお、これまでに報じられているパンチホール型ディスプレイ採用に関する噂は下記のエントリをご覧下さい。

LG Display、Appleにパンチホール型ディスプレイを供給か 「iPhone 14」シリーズの”Pro”モデルはパンチホール型ディスプレイを採用か Apple、「iPhone 14」シリーズ向けパンチホールディスプレイの供給に向けSamsungやLGと交渉開始か 「iPhone 14」シリーズのコードネームは「D85x」との情報が再び − 試作機で120Hzのパンチホールディスプレイをテスト中

[via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。