折りたたみ式「iPhone」の登場は早くても2023年 − 2024年になる可能性も

Appleは以前より折りたたみ式の「iPhone」を開発しているのではないかと噂されていますが、本日、その折りたたみ式「iPhone」の登場は早くても2023年以降になるとの情報が出て来ました。

これはディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のCEOであるRoss Young氏が報告しているもので、同氏は折りたたみ式「iPhone」は早くても2023年までは導入されない見込みで、2024年になる可能性もあるとのこと。

同氏はこれ以上の詳細は明らかにしていないものの、これまでの情報では8インチのQHD+フレキシブル有機ELディスプレイを採用し、ディスプレイは韓国のSamsung Displayが独占的に供給すると噂されています。

[via MacRumors

折りたたみ式「iPhone」の登場は2024年以降か Apple、2023年に折りたたみ式iPhoneを発売か − 8インチのフレキシブル有機ELディスプレイを搭載

6 COMMENTS

匿名

Galaxy Z Fold3だっけ?
あのふざけた価格で結構売れちゃったからなあ。
スマホ感覚でペン付タブレットを持ち運びたい層が一定数いたのだろうけど、
Appleから出る場合30万円くらいになりそう。

返信する
匿名

閉じてiPhone13、開いてiPad mini6、
そんな端末になるなら興味はないではない。
まぁ、お値段次第だなぁ…

返信する
匿名

Fold 3と同程度スペックで20万円台なら買うわ。
むしろ来年出してほしいくらい。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。