「iOS 15.2」以降ではiPhoneの部品と修理履歴を確認可能に

Appleが、「iOS 15.2」以降ではiPhoneの部品と修理履歴を確認出来るようになることを案内しています。

「iOS 15.2」以降では、「設定>一般>情報」で、iPhone の部品と修理履歴を確認出来るようになります。

iPhone XR、XS、XS Max以降ではバッテリーの交換履歴があるかどうか、iPhone 11、iPhone 12、iPhone 13の各モデルではバッテリーやディスプレイの交換履歴があるかどうか、iPhone 12やiPhone 13の各モデルではバッテリー、ディスプレイ、カメラの交換履歴があるかどうかをそれぞれ確認できるようになります。

修理サービス時に Apple 純正の部品やツールが使われた場合は、その部品名の横に「Apple 純正部品」と表示され、部品名をタップすれば修理サービスの実施日などの詳細情報を確認することも可能です。

部品がきちんと取り付けられていない場合や、部品が非純正部品である場合や、過去に別のiPhoneに使用されていたり、取り付けられていたことがある場合、正常に機能していない場合に該当する場合は、「不明な部品」と表示されます。

なお、ディスプレイやバッテリーに関しては、補足情報として「Appleにより、このiPhoneの情報がアップデートされました」と表示される場合があるとのことで、これは修理サービス上の必要性、安全性の解析、および今後の製品の改善のために、iPhoneのデバイス情報記録をAppleが更新したという意味で、表示されても問題なく使用可能とのこと。

iPhone の部品と修理履歴 – Apple