Appleのティム・クックCEOが2026年に辞任するという噂

iDrop Newsが、Appleのティム・クックCEOが2026年に辞任するとの噂があると報じています。

これは匿名を希望する関係者からの情報とのことで、ティム・クックCEOは2026年に辞任する予定とのこと。

この情報がどこまで正しいのかや理由なども不明ですが、その理由の1つとして、同氏は米大統領選に出馬すると何度か噂されており、もし2026年に辞任した場合、2028年の大統領選の民主党予備選挙で勝利するためのキャンペーンを行うことが可能になる模様。

後任については、ティムクックCEOの下でAppleの最高執行責任者(COO)を務めているジェフ・ウィリアムズ氏だとの情報も複数の関係者から聞いているようです。

あくまで噂なので実際のところはその頃になってみないと分からないのですが、ティム・クックCEOは2011年8月24日にスティーブ・ジョブズ氏の引退に伴いCEOに就任しており、在任期間は10年を超えています。

8 COMMENTS

匿名

次のCEOはプレゼンの上手い人、滑舌がいい人にした方がいい

Craig Federighiがいいと思うけど

返信する
匿名

熱狂的なApplefanboyを生み出したジョブズは素晴らしかったけど
世界的に普及できたのはクックあってこそだと思う
時期CEOはどんな戦略を取るのだろうか

返信する
匿名

クックさんは販売マーケティング周りはとても強いよね。
ただ、そろそろアップルのよく言う、革新的な新製品が欲しいからできれば、スティーブさん的なのが欲しいよね

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。