LINEモバイルも「iPhone」でデュアルSIM利用時に緊急発信が出来ない事象があることを案内

eSIM対応の「iPhone」において特定の条件下でデュアルSIMを利用した場合に緊急通報が出来ない場合があることが9月から報告され、先日には総務省の「技適不適合」リスト追加されてしまいましたが、本日、LINEモバイルが、同様の事象が確認出来ていることを案内しています。

これまでに他社が報告している内容と同じで、デュアルSIM対応の「iPhone」で「音声通話可能なSIM」と「データ通信専用SIM」を組み合わせて利用しており、モバイルデータ通信に「データ通信専用SIM回線」を設定していると、緊急機関(110/118/119)に発信できない事象となっています。

この事象が発生することが確認出来ている端末は下記の通り。

・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone XR
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone SE(第2世代)
・iPhone 12 mini
・iPhone 12
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone 13 mini
・iPhone 13
・iPhone 13 Pro
・iPhone 13 Pro Max

なお、モバイルデータ通信を「音声通話可能なSIM回線」に設定することで、緊急機関への発信が可能になります。

これまでにこの事象を確認出来たとして報告しているのは、NTTドコモ、ソフトバンク、au、楽天モバイル、IIJ、mineo、NUROモバイルとなっています。

案内 – LINEモバイル

「iPhone」シリーズ、計15モデルが総務省の「技適不適合」リストに追加される − 特定の条件下で緊急通報が出来ない問題で 「iPhone」でデュアルSIM利用時に緊急通報が出来ない場合がある問題、「iPhone 13」シリーズも対象に 「iPhone」でデュアルSIM利用時に緊急通報が出来ない場合があることが明らかに − 携帯4社などが注意喚起

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。