「iPhone」シリーズ、計15モデルが総務省の「技適不適合」リストに追加される − 特定の条件下で緊急通報が出来ない問題で

ケータイWatchなどによると、Appleの「iPhone 13」シリーズを含む計15モデルの「iPhone」が総務省の「技適不適合リスト」に追加されたことが分かりました。

追加されたのは下記のモデルで、追加された理由は今年9月より各キャリアにおいて報告されている特定の条件下でデュアルSIMを利用した場合、緊急通報ができなくなる為。

・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone XR
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone SE(第2世代)
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone 13
・iPhone 13 mini
・iPhone 13 Pro
・iPhone 13 Pro Max

なお、緊急通報が出来なくなる問題は、「モバイルデータ通信」用の回線に「音声SIM」を設定することで回避可能です。

電気通信機器の基準認証制度における技術基準への不適合等の事例について(総務省)

NUROモバイル、eSIM搭載「iPhone」で緊急機関に発信出来ない事象があることを案内 「iPhone」でデュアルSIM利用時に緊急通報が出来ない場合がある問題、「iPhone 13」シリーズも対象に 「iPhone」でデュアルSIM利用時に緊急通報が出来ない場合があることが明らかに − 携帯4社などが注意喚起

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。