Apple、「Fitness+」のサービス提供国を拡大 − 新たに15カ国で利用可能に

Appleが、先日に発表していた通り、フィットネスプログラムの映像を有料でストリーミング配信するサブスクリプションサービス「Fitness+」のサービス提供国を拡大しました。

同サービスは、これまでオーストラリア、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、イギリス、アメリカで提供されてきましたが、本日より新たに6カ国語の字幕付きでの提供が開始され、15カ国で利用可能になりました。

新たに利用可能になったのは、オーストリア、ブラジル、コロンビア、フランス、ドイツ、インドネシア、イタリア、マレーシア、メキシコ、ポルトガル、ロシア、サウジアラビア、スペイン、スイス、アラブ首長国連邦の15カ国で、残念ながら日本は含まれていません。

また、これに伴い、「Apple One」のプレミアプランの提供国も拡大されています。

ニュースリリース(英語)

Apple、「Apple One」のプレミアプランを新たに17カ国で提供開始

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

1 COMMENT

T

なんで日本は含まれないのだろう。
Apple TV+のように、字幕や副音声をつけるだけではいけないのかな?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。