次期「MacBook Air」はやはりミニLEDディスプレイを採用か − 次期「iPad Pro 11インチ」にも採用との情報も

(次期MacBook Airのコンセプト画像)

先日、次期「MacBook Air」が来年中頃に登場するとの情報をお伝えしましたが、その後、DigiTimesも次期「MacBook Air」に関する最新情報を報じています。

先日の情報では、次期「MacBook Air」のディスプレイはミニLEDが採用される可能性が高いものの、ノッチがあるかどうかは確認出来ていないとのことでしたが、DigiTimesも、業界関係者の話として、次期「MacBook Air」はミニLEDディスプレイが搭載される可能性が高いと報じています。

DigiTimesではこれ以上の詳細は触れられていないものの、次期「iPad Pro」では11インチモデルもミニLEDディスプレイが採用される可能性が高いとも報じています。

なお、最近の次期「MacBook Air」の情報をまとめると下記のような仕様になります。

・チップ:M2チップ
・ディスプレイ:13.3インチ(ミニLEDディスプレイ採用)
・フロントカメラ:1080p FaceTimeカメラ
・ポート:MagSafe、Thunderbolt/USB 4ポート×2
・カラー:iMac 24インチと同じカラーリングに
・キーボード:フルサイズのファンクションキー採用
・その他:ファンレス
・価格:現行より僅かに高くなる

次期「MacBook Air」は来年中頃に登場か − 一部仕様に関する情報も

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。