次期「MacBook Air」は来年中頃に登場か − 一部仕様に関する情報も

リーカーのDylan氏(@dylandkt)が、Appleが来年に発売すると噂されている次期「MacBook Air」に関する情報を投稿しています。

同氏によると、次期「MacBook Air」はApple社内では「MacBook」と呼ばれており、2022年中頃に発売予定で、MagSafe、1080p FaceTimeカメラ、USB-Cポート、30Wの電源アダプタを搭載し、冷却ファンは搭載されない予定とのこと。

また、「iMac 24インチ」と同じカラーオプションが用意され、ベゼルとキーボードはホワイトカラーで、ファンクションキーは新型「MacBook Pro」と同じフルサイズのキーになる予定。

デザインは新型「MacBook Pro」に似ているものの、より薄く、より軽くなっており、マルチディスプレイへの出力に対応し(最低でも2台の外付けディスプレイに対応)、ディスプレイはミニLEDが採用される可能性が高いものの、ノッチがあるかどうかは確認出来ていないそうです。

さらに、ProMotion技術、Face ID、SDカードスロット、HDMIポートは搭載されないようで、価格は現行モデルよりも少しだけ高くなる模様。

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

1 COMMENT

匿名

本来のMacbook proとMacbookの関係性に戻りましたね。
正直コンセプトも近寄ってて購入者には分かりづらい上に、近年のProは拡張ポートもない、TochBarとか無駄なものも付いていて改悪でしたしね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。