M1 MaxチップのGPU性能 (Metal) のベンチマークスコアも明らかに

昨日、新型「MacBook Pro」に搭載されているM1 ProおよびM1 MaxチップのCPUおよびGPU性能(OpenCL)のベンチマークデータが投稿されていることをお伝えしましたが、本日、新たにMetalのベンチマークデータも投稿されていることが分かりました。

GeekBenchのComputeのベンチマークテストには、業界標準のOpenCLとApple独自のMetalが用意されており、それぞれを演算用のAPIとして利用した場合のスコアとなっています。

M1 MaxチップのMetalのスコアは「68870」となっており、「MacBook Pro (13-inch Late 2020)」に搭載されているM1チップの同スコアは「18600」ほどなので、約3.7倍の性能となります。

また、前モデルである「MacBook Pro (16-inch, 2019)」の最上位GPU「AMD Radeon Pro 5600M」の同ベンチマークのスコアは「41000」ほどなので、1.68倍の性能アップとなっています。

 OpenCLMetal
M1 Max6016768870
M11900018600
AMD Radeon Pro 5600M4494241000

追記(2021年10月24日)

その後、全てのモデルのベンチマークスコアが明らかになったので、詳細は下記エントリをご覧下さい。

M1 Proチップの8コアモデルのベンチマークスコアが明らかに − 全モデルのベンチマークスコアのまとめも更新

[via MacRumors

4 COMMENTS

匿名

果たしてこれがGPU何コアモデルの数値なのか、、。
なんとなく24コアモデルのように思えます。
32コアはもうちょっと出てほしいw

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。